【iNSPiC(インスピック)レビュー】中身・メリット・デメリット・楽しみかたの紹介

 

こんにちは、こか です。

スマホで撮った写真が、簡単に写真シール用紙にプリントできる「iNSPiCインスピック」を紹介します。

ノートや手帳が、楽しくなりますよ♪

もくじ

iNSPiC を買ってよかったところ

iNSPiC を買ってよかったです。

そんな「よかったところ」を紹介します。

写真用紙がシールになってる

インスピックの写真用紙はシール

写真用紙が「シール」になっています。

今までは、スティック糊やテープ糊を使っていました。

たったそれだけの「手間」でつい後回しにして、写真を貼るのを忘れることもありました。

シールになっているとすぐに貼れる!!

これは本当に魅力的ですよ♪

こか

「シール」は購入の決め手になりました。

コンパクトなところ

「iNSPiC」は、コンパクトです。

iPhone12と並べてみたらこんな感じ。

インスピックとiPhone12

そんなに大差ありません。

(厚みはあるけどね…)

コンパクトだから、旅先でも気軽にプリントができるなぁ~と期待もしています(今までコンビニ)。

だけど、そんなことより「日常・日常!!」

ノートセットと一緒にまとめておけば

  • ノートに写真を貼りたくなる
  • その場でプリント
  • ノートにペタリ

が、スムーズに流れます。

こか

わが家で「iNSPiC」は、もう文房具の1つです。

iNSPiCのちょっと残念なところ

「ちょっと残念なところ」と書きつつ、そんなにないです。

しいていうなら…です。

思ったより写真シールに「厚み」があった

写真の厚みが、思ってた以上でした。

一般的な「シール」を想像していたんです。

こか

私だけ??

「写真シールだから、シールみたいにペラペラなんでしょ」と思っていたら、それは違うので要注意!!

こか

私だけ??

写真シール用紙が高い?

現在(2021年7月)Amazonで「写真シール用紙」は、50枚入りで「2,034円」でした。

1枚あたり「40.68円」(2021年7月時点)です。

コンビニで、L判(シールではない)にプリントすると、1枚30~40円です。

コンビニと同じくらいの金額になります。

インスピックの写真シール用紙は、L判ではないです。

( 5×7.6cm )

1枚あたりの金額については、私はあまり気にしていないです。

その理由は次の3つ。

  • 毎日何枚も消費しない
  • プリンターの併用(多いとき)
  • メリット(シール・コンパクト)のほうが大きい

画質が悪い?

「思ったより、画質が悪かった」という口コミがありました。

たしかに、普通の写真と同じような画質ではないです。

下の写真の「左:iNSPiC」「右:プリンター」

△ 左:iNSPiC 右:プリンター

普通の写真を想像していると「画質悪っ」って思うのかも。

チェキを想像していると「キレイじゃん!!」って感じですかね。

インスピック6分割でプリント

私としては、許容範囲…イヤ

こか

大満足です♪

iNSPiC をこういう風に使っています

私は「マイノート」を書いています。

日常~非日常まで、ノートに淡々と書いています。

子どもが2人いるのですが、そんな子どもたちのちょっとした姿を写真に撮ってノートに貼っておくのが好きです。

  • 登校するとき
  • 宿題してるとき
  • 寝姿

などなど…。

iNSPiC は、日常を記録するのに、すごく向いていると思います。

  1. ふとしたときに写真を撮る
  2. すぐにプリントアウトする
  3. ノートに貼って、簡単な記録を書く

こんな感じで、ノートに何気ない日々がたまっていくのは楽しいですよ。

日常を手軽に記録するのに「コンパクト」で「シールになってる」iNSPiC は最高に便利なプリンターです。

iNSPiCの購入~セット内容

ここからは「iNSPiC」の中身などを紹介します。

あとから写真用紙を追加で購入するのも面倒なので「本体と写真用紙(50枚)のセット」にしました。

「本体のみ」には「写真用紙が10枚」ついています。

iNSPiC が届く

iNSPiC は、 Amazonで購入しました。

セット買いなので、箱は2つです。

iNSPiC は、こんな感じで入っていました。

しっかり(すぎるくらい)梱包されています。

セットの「写真用紙50枚」は、こんな感じです。

これまた、しっかり(すぎるくらい)の梱包でした。

iNSPiC本体のセット内容

iNSPiC を箱から取り出したところです。

付属品は、本体の下に入っています。

次の5つが、セット内容のすべてです。

インスピックのセット内容
  1. 「iNSPiC」本体
  2. 充電用USBケーブル
  3. 写真シール用紙(10枚)
  4. 説明書
  5. 保証書
こか

USB を差し込んで充電するものが必要でした

ちなみに、セットで買った「写真シール用紙50枚」は、こんな感じで

インスピック写真用紙50枚

「10枚で1セット」になっています。

「届いたらすぐに充電」するのをオススメします。

電池の残量が全然なかった。

「iNSPiC」レビューまとめ

インスピックレビュー

今回は「iNSPiC」を紹介しました。

今回購入して思ったのは「画質の好き嫌い」で、満足度が変わるのかな?ということです。

こか

私は好き♪

あらためて「左:iNSPiC」「右:プリンター」

※ 確実な画質とは言えません が、参考にしてくださいね。

お役にたてたらうれしいです。

\ 用紙の入れかたに悩んだら /

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる