「やりたいことリスト100」をブログに書こう!! 書くときのコツ・リストの管理方法

 

こんにちは、こか です。

ブログに「やりたいことリスト100」って書いていますか?

なかなか楽しいのでおすすめですよ!!

この記事では「やりたいことリスト100」に関して、こんなこと書いてます。

  • ブログに書くメリット
  • 書くことが浮かばないときの対処法
  • リストの管理方法

やりたいことリスト100を書きたくなったときの、参考にしてもらえたらうれしいです。

もくじ

「やりたいことリスト100」をブログに書くメリット

やりたいことリスト100を「ブログに書くメリットを3つ」紹介します。

1:単純に楽しい

リストを書くのって単純に楽しいです♪

しかも自分の「やりたいこと」

楽しく記事を書けますよ。

2:達成したらブログのネタになる(ものもある)

やりたいことリストを達成したら、ブログのネタになることがあります。

やりたいことが達成できて、それがネタになれば一石二鳥です♪

3:ネタになるかも♪と思えば行動力UP

ネタになるかも♪と思えば、いつもより行動力がUPします。

やりたいことが達成するスピードもあがって、いいことづくし。

こか

私でも多少UP(笑)

「やりたいこと」が浮かばないときの対処法

やりたいことを考えるのは、楽しいです。

それなのに、なぜか

こか

なかなか浮かばない…

そんなときの対処法をまとめてみました。

1:限界を取っ払う

これはブログに限ったことじゃないですが、やりたいことリストを書くときは

  • 年齢なんて関係ない
  • お金は無限にある
  • 時間も無限にある

と、すべての限界を取っ払います。

でもね…

「そっかぁ~なんでもアリなのね!!」と次から次に、やりたいことリストが浮かぶ人が羨ましいです。

石頭の私にはそれはどうやら無理そうです(「私には」です)。

なので「限界を取っ払う」に関しては

こか

○○がしたい。でも…。

と、自分が「やりたいことができない理由」を探しだしたときに、

こか

「限界なんて考えない!!」

と「喝」をいれるために使っています。

やりたいことを考えるときは、すべての制限を取っ払う

2:「ジャンル」を先に考える

これは、おふみさんのブログで知りました。

100個も書き出すのは大変だと思うかもしれませんが、10のジャンルに分けて、その中で10個ずつのやりたいことを書き出すなら案外サクサク書けます。

ミニマリスト日和(おふみさん)やりたいこと100のリストで何度でも初心に帰ろう

先に「10個のジャンル」を考えて、そこに「やりたいこと」を10個ずつ入れていく方法。

おぅ、これはラクそうです。

早速取りかかってみました。

それなのに…。

はぁ、柔軟性のない私の頭。

「10のジャンルにわけても、出てこなかった…」

じゃないんですよ!!

「10のジャンルが出てこなかったんです…」

だけど、ジャンル分けはとてもいいので採用。

「やりたいことリスト」を整理や管理するのに役立っています。

先に「ジャンルを10個」決めると、思いつきやすくなる

こか

これは、本当にいいと思う。
(私が想像力不足なだけ…)

3:いつでもメモ

いつでもメモ帳をそばにおいて「やりたい」「行きたい」の気持ちを逃さないようにしています。

少しでもピンときたら、メモ。

何も考えずにメモです。

それをどうするのかは、あとから考えれば大丈夫。

メモ帳集合

「プチイラッ」「嫌なこと」など、負の感情もメモしておきます。

意外とその中に「やりたいこと」や「願い」が隠れているからです。

アンテナをたてて、ピッときたものは何でも「メモ」しよう

4:「人生でやりたいこと」と考える

【2021年】主婦の私の「やりたいことリスト100」として、記事を公開しています。

だけど「今年やりたいこと」だけではありません。

「今年」など短い期間で考えると、「やりたいこと」がなかなか浮かびません。

「人生でやりたいこと」と考えると浮かびやすくなるので、それでよしとしています。

人生などの「長いスパン」で考えると浮かびやすくなる

5:100個にならなくても公開する

「やりたいことリスト 100」なのですが「10」でも「1000」でもよしとしています。

「やりたいことリスト 100」は、あくまでタイトル。

だから「100個」にならなくても公開するし、たくさんになってもOKにしています。

こか

2021年8月現在、私のやりたいことリストは「50個」です。

100個にならなくても公開する。

少しずつ「やりたいことリスト」を育てよう

やりたいことリスト100の管理方法

やりたいことリスト100の管理の方法です。

これは人それぞれ違います。

1つの例として参考にしてください。

大きなやりたいことは細分化

大きなやりたいことは「細分化」しています。

むすめ

細分化??

簡単にいうと

「大きなやりたいこと」のなかに隠れている「やるべきこと」も書き出す

ということです。

下の写真は、実際の「やりたいことリスト」です。

大きなやりたいことは「家がスッキリして、頭と心に余裕を持つ」です。

それを達成するための「やるべきこと」を「大きなやりたいこと」の下に書き出しています。

書き出すメリットは、次の2つです。

  • 行動が具体的になる
  • 記事のネタが思いつきやすくなる

「行動が具体的になる」ほうが、やりたいことを達成する近道になります。

「そんなことは手帳などに書けばいいのでは?」

とも思いますが、それがもう1つのメリット「記事のネタが思いつきやすくなる」です。

行動をおこしたことで、何かネタが思いつくかも♪と期待しているのです(笑)

行動から記事ができたら、リストに記事へのリンクを貼ることもできます。

こか

細分化といっても、ブログに書くのは「記事になりそうなもの」だけです。

(ゴミ袋を買う ← こんなのは書かない 笑)

ちなみに、私が気に入っているのが「記事数」や「PV」の目標を細かくして書くこと。

「100記事」だと途方にくれそうですが「10記事」だったら頑張れます♪

おすすめは、一気に書き出さないことです。

10記事達成したら、あらたな目標として「20記事達成」を追記します。

大きなやりたいことは細分化

「ジャンル別」「思いつき順」でわける

やりたいことリストは「ジャンル別」「思いつき順」の2パターン書いています。

どちらもリストの中身は同じです。

やりたいことリストの目次
△ やりたいことリストの目次

ジャンル別にする理由は次の2つ

  • 整理されてわかりやすい
  • 「やるべきこと」の管理もラク

思いつき順も書く理由は「やりたいことリスト」の総数を知りたいからです。

むすこ

それだけかい

「大きなやりたいこと」を細分化した「やるべきこと」は、100リストの1つとしてカウントしません。

だから「思いつき順」には「やるべきこと」は含めていません。

達成できたことの扱いかた

達成できたものは次のように管理しています。

  • 達成できた!!記事も書けた → 記事へのリンクを貼る
  • 達成できた!! → 赤文字に変更
  • 達成できた日がわかるなら、日付けも書く

記事へのリンクは、その時々で使いわけています。

1年ごとに投稿日をかえて「更新」

1年ごとに「記事の更新」をする予定です。

こか

新たに記事は書きません。

記事の更新というのは、見直しをしたあとに

  • タイトルの【2021年】を【2022年】に変更
  • 投稿日も変更

して「再投稿」するということです。

まとめ:やりたいことリスト100をブログに書こう

100リストの書きかた

やりたいことリストをブログに書くのは、楽しいです。

ぜひ、書いてみてくださいね。

やりたいことリスト100は、ゆっくり育てていけばいいと思っています。

なので「なかなか思いつかない…」と思わずに、よかったら書いてみてくださいね♪

すこしでもお役にたてたらうれしいです。

おしまい。

\ 私のやりたいことリスト /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる