Amazonの「ほしい物リストをブログで公開する方法」と注意点と心構え

 

こんにちは、こか(プロフィールはこちら)です。

今回の記事では「Amazonでほしい物リストを公開する方法」を紹介します。

まずはじめに、ほしい物リストを公開する前の「注意点」と「心構え」を書いたので合わせてお読みください。

(とっとと「Amazonでほしい物リストを公開する方法を知りたいならコチラ」

もくじ

Amazonの「ほしいものリスト」を公開するときの注意点と心構え

まず最初に「Amazonのほしいものリスト」を公開するときの「注意点」と「心構え」を書きます。

まずはここを読んで「Amazonのほしいものリスト」を公開するか決めてくださいね。

「○○県○○市」までは「配送状況の確認」でバレてしまう

ほしいものリスト作成で、個人情報がバレないように設定はします。

ですが、注文して送ってくれた方は「配送状況の確認」ができます。

「○○県○○市」などの「市区町村単位」まではバレてしまいます(※ 配達店の所在地)。

それでも大丈夫なら、ほしいものリストを公開しましょう。

「ほしいものリスト」を公開するなんて「乞食」

私はある方のブログで、初めて「ほしいものリストを公開すること」を知りました。

単純に「大人になっても、サンタさんにお願いするようなワクワクを味わえるなんて~♪」

「楽しそう♪」とウキウキしました(貰える貰えない関係なし)。

そして「Amazonほしいものリストを公開」について調べました。

調べていくと「乞食」というワードに遭遇

どうやら

「ほしいものリスト」を公開するなんて「物乞いだ~」「乞食だ~」

と言っているかたもいるようです。

なので、そんな言葉を目にしたときに「シュン」となってしまうようなら考えたほうがいいかも?と思うのです。

こか

わっ私ですか…?

といっても、コメント欄に書かれたりしたら落ち込むよ!やめてね(笑)。

(強がってるだけよ…汗)

というわけで「多少はマイナス意見があること」を知っておきましょう。

「それでもOK」なら「ほしいものリストを公開」してみてください。

設定方法を説明しますね。

Amazonの「公開用ほしいものリスト」を作成する方法

Amazonの「公開用ほしいものリスト」の作りかたを説明します。

ブログで公開するのを前提としているので「PC画面の写真」で説明します。

まずはAmazonのアカウントにログインしてください。

Amazonアカウントの新規登録はコチラから)

Amazonアカウントへのログイン(新規作成)が済んだら

1:○○さんアカウント&リストから

2:「新しいリストを作成する」をクリックします。

アマゾン

3:「リストの名前」を決めて入力します。

4:「リストを作成」をクリック

「リストを作成」をクリックすると、次のような画面になります。

上の画面の右側の

5:「… その他」から

6:「リストの設定」をクリックします。

「管理リスト」が出てくるので設定します。

こか

上から順番に1つずつ説明しますね。

リスト名:好きなリスト名をつけます

公開/非公開の設定:公開

リストの用途:自分

受取人:ニックネームを入力

Eメールアドレス:未入力

誕生日:未入力

内容:このリストはどんなリストなのかを説明します。

お届け先住所:次に詳しく説明します。

こか

「お届け先住所」の設定を詳しく説明しますね。

まず「 1 」をクリックします。

すると選択肢の中に

「 2 」新規作成するが出てくるのでクリックします。

すでに登録されている住所が出てくる場合がありますが、それは選択しません。

必ず「新規作成」を選んでください。

「新規作成」を選んだら、下に次のような画面がでてきます(スクロールでまだ下に続きますが、画像ごとに説明しますね)。

国/地域:Japan

氏名:ニックネームを入力(受取人と同じにする)

郵便番号:上下にわけて入力

都道府県・住所:ご自身の住所

住所のうしろに「○○様方」と記入します。

受取人がニックネームなので、配達員のかたを迷わせないためです。

例 → □□県▲▲市■■町1-2-3 ○○様方(○○はご自身の名字など「この家だ」とわかる名前

こか

あとひといきです!!

会社名:入力不要

電話番号:自分の電話番号

ここまで入力したら「この住所に配送する」をクリックします。

「この住所に配送する」をクリックすると、次のような「チェック項目」が出てきます。

「デフォルトのリスト」にだけ、チェックをします。

「変更を保存」をクリックして終了です。

□ 第三者の出品の商品の発送同意書

ここは、絶対にチェックをしません。

チェックをすると「アマゾン以外(出品者)が発送する商品」の場合、もし個人情報がバレてしまってもOKです。← と言っているのと同じことです。

このチェックを外すことによって「出品者が発送する商品」は、ギフトとして送ってもらえなくなりますが、個人情報を保護するためにはしょうがないです。

Amazonの「ほしいものリスト」に商品を追加する

「ほしいものリスト」に、欲しい商品を追加していきます。

試しに下記の商品を「ほしいものリスト」に追加しますね。

下の画像の右側(赤い枠で囲ったところ)を注目してください。

アップにしたものがコチラ↓↓↓

まず「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」と書いてあるものを選びます

さきほど、個人情報保護のために「□ 第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを外しました。

それは「アマゾン以外(出品者)が発送する商品は受け取らない」と言っているのと同じことです。

「欲しい物リスト」の中に入れることはできるのですが、送り主が注文しようとしても

「! この商品は、ほしい物リストなど、ギフト用に登録されたお届け先には発送できません。」と表示されて、送ることができないのです。

送ってもらえるものだけをリストにしたいなら「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と書いてあるものをリストに入れましょう。

「ほしい物リストに追加する」をクリックして「公開するリスト」に追加します。

これで「商品の追加」は完了です。

こか

あとは同じように追加していくだけ♪

Amazonの「ほしいものリスト」をブログで公開する方法

ブログで公開する方法を紹介します。

まず、ご自身の「公開するほしい物リストのページ」を開きます

画面右の「リストの共有」をクリックすると、下の画面がでてきます。

「表示のみ」をクリックします。

「リンクのコピー」をクリックして、リンクをコピーします。

あとは文字や画像にリンクを貼って、ブログに公開するだけです。

では試しに私が…(笑)

「こか」のほしい物リスト(文字へリンク)

こかのほしい物リスト
△ 画像へリンク

ちなみに記事公開日(4月16日現在)は、まだリストの中身はスッカラカンです。

こか

少しリスト増えました。

まとめ:Amazonの「ほしい物リストを公開する方法」と注意点と心構え

アマゾンのほしい物リストを公開する方法

今回は「Amazonでほしい物リストを公開する方法」を紹介しました。

いろんな意見もあるようですが、私は「Amazonでほしい物リストを公開する」のいいじゃんと思います。。

サンタさんにプレゼントをお願いする子どもの気持ちを、大人が体験できる感じがいい♪

よかったら試してみてください。

お役に立てたらうれしいです。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる