ドラム式洗濯乾燥機の意外なホコリ「洗濯物が臭う」「乾きが遅い」の原因かも?

ドラム式洗濯乾燥機の意外なホコリ
 

こんにちは、こか(プロフィールはこちら)です。

ドラム式洗濯乾燥機は、とっても便利なものですね♪

だけど、「洗濯物が臭う」「乾きが遅い」などの問題も発生しませんか?

私もメンテナンスをひと通りはやってきたつもりだったのですが、今回友人に

ここにもホコリがたまってるんだよぉ。

と、教えてもらった場所を掃除したところ、ごっそりホコリが取れたので紹介します。

ドラム式洗濯乾燥機を快適に使うための、参考にしてくださいね。

わが家の洗濯機は「パナソニックの NA-VX5200」です。

(機種は関係ないと思いますが…)

もくじ

洗濯乾燥機に溜まっていたホコリの量(※閲覧注意)

最初に、どれだけのホコリが溜まっていたかお見せしますね…(※閲覧注意)

こんなところにホコリがあるとは知らなかったので、7年ほど放置されていたホコリです。

こか

覚悟してくださいねぇ。

かなりの量です。

ドラム式洗濯乾燥機の中に溜まっていたホコリ
△ オエッ

ホコリの塊の下に敷いてあるのは、A5サイズの紙です。

上から見たらこんな感じ。

むすこ

きっ汚なぁ…。

こか

おっお見苦しくてすみません。

ギュギュッと丸めたら、野球のボールくらいあるイメージです。

こんなホコリの塊と一緒に洗濯をしていたなんて…ゾォ~ッ。

この洗濯機は、7年ほど使用しているのですが、乾燥機を使わなかった期間がかなりあります。

それで、このホコリ…。

こか

ずっと乾燥機を使ってるなら、もっと量が多いかも?!

ホコリの塊が潜んでいた場所

ホコリがどこに潜んでいたか紹介しますね。

まずは、ドラム全体を見た感じ。

ドラム式洗濯乾燥機

矢印が指している辺りになります。

そこをアップにしたものが、次の写真です。

「1ヶ所だけ大きく開いた場所がある」のですが、わかるでしょうか?

この大きく開いた場所に沿って、ドラムを1周ぐるりとする溝です。

ドラム式洗濯乾燥機

この溝の中に、ホコリの塊が!!

こか

わかりにくいですが、探してみてください。

ドラム式洗濯乾燥機内のホコリを取り除く方法

ホコリを掻き出す方法を紹介します。

試してみて「使いやすかった道具」も紹介しますね。

ホコリを掻き出すのに使いやすかった道具

オススメの道具はこの2つです。

  • プラスチックのフォークなど
  • マイクロファイバーの布
こか

もちろん、別のものでもOKです。
ただ「わりばし」は使いづらかったです。

布とプラスチックのフォーク
△ 写真は普通の布です。すみません…。

フォークの柄の部分に、布を巻きつけて使います。

こんな感じです↓↓。

フォークの柄に布を巻きつけている

これで完成です。

ちなみに、マイクロファイバーをおすすめするのは、ホコリが引っかかりやすくなるからです。

こか

普通の布でもそこそこいける。

洗濯乾燥機内のホコリをとる手順

さきほどの道具を使って、ホコリを掻き出していきます。

こんな風に、洗濯機の溝に差し込んで

グイグイっとフォークを少しずつ動かしながら、掻き出していきます。

ドラム式洗濯乾燥機のホコリを掻き出している

ホコリは溝から直接掻き出すことができない(難しい)です。

なので、さきほど紹介した「1ヶ所だけ大きく開いたところ」へ向かって

半円ずつホコリを掻き出していきます。

「大きく開いたところ」までホコリを掻き出したら、つまみ取ります。

ゴソ~っとホコリが取れましたよぉ。

こか

これが案外「カ・イ・カ・ン」なんですよねぇ。
わたしだけ?(笑)

もしかしたら、最初は「全然取れないんですけど」みたいなことが、あるかもしれません。

(私も最初はそうでした)

1回目に掻き出そうとしたときには

こか

全然ホコリないやん。
全然ホコリ取れんやん。

と思っていたのですが、力を徐々に入れていったら、ゴッソリでてきました。

1回目は「カチカチになったホコリの上を、そ~っと撫でていただけなのでは?」と思っています。

なので「ホコリないやん」と思っても、少しずつ力を入れてみてください。

(本当にホコリがない場合もあるかもしれませんが)

まとめ:洗濯乾燥機の意外なホコリ「洗濯物が臭う」「乾きが遅い」の原因かも?

ドラム式洗濯乾燥機

ひと通り洗濯乾燥機のメンテナンスをしているのに「洗濯物の臭いが気になる」「乾きが遅い」

そんなときは、もしかすると洗濯機に潜む「ホコリの塊」が原因かもしれません。

わが家でも、洗濯乾燥機のホコリの塊を掻き出したら、以前より洗濯が快適になったと感じています。

よかったら試してみてくださいね。

ちなみに、ホコリをきれいに取り出したあとは、半年に1度・年に1度でもいいので純正の洗濯槽クリーナー」で洗濯槽の洗浄をするのをオススメします。

こか

ピカピカになります!!
(市販品や漂白剤とはまったく違います)

お役に立てたらうれしいです。

おしまい。

ドラム式洗濯乾燥機の意外なホコリ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる