【体験談】町内会で集める「赤い羽根共同募金」を断るおじさん!! ……いいじゃん♪

 

こんにちは、こか です。

わが家の暮らす地域には、自治会があり、その下に町内会があり、その町内会をさらに細かくわけた「組」というものがあります。

ひとつの「組」には、大体10世帯ほどが所属。

その「組」のなかで、毎年度「組長」という役割が順番にやってきます。

今回はそんな「組長」の仕事での話です。

もくじ

赤い羽根共同募金と緑の募金の集金

1年に1~2回「赤い羽根共同募金」と「緑の募金」の集金が、組長の仕事の1つです。

各募金の1口の金額

  • 赤い羽根共同募金:500円
  • 緑の募金:50円

まぁ、どこの家庭も「550円」を支払います。

組長の私は、1軒ずつ訪問しながら集金しました。

そして訪れたあるお宅。

こか

募金の集金に来ました♪

私のこの言葉を聞いたおじさん。

待ってましたとばかりに、意気揚々と家から飛び出してきました。

そこからおじさんの演説がはじまりました。

※ おじさんの見解です

「赤十字のトップなんて、不○んして……」

「なにをやってるかわからんような組織……」

「新聞で読んだけど……」

「募金は強制的なものじゃない…」

「●▽■×▽?#……!!」

私はこのての・・・・状況は、なんともないタイプなので(笑)、しばらくフムフムと話を聞いていました。

するとおじさんが

「『募金の集金なんかやめろ』と町内会長に言っとけ~」と、演説の締めのお言葉。

こか

は~い

と、そのお宅をあとにしました。

おじさんの言うことにも一理あるのでは?

おじさんの家からの帰り道。

「こわかった~」

「ムカつく~」

なんて気持ちには、まったくなりませんでした。

「おじさんの言うことも一理ある!!」と思えたんです。

そもそも

「赤い羽根共同募金」と「緑の募金」の集金

こか

「募金を集金」ってなんだか変な話…

家に帰って、さっそく調べてみました。

全国各地で「集金する募金」に対していろんな問題が起きてることを知りました。

例えばこんな記事

おじさんの言うことは「一理ある」というより「けっこう正論」じゃん。

「募金」なんだもん、個人の自由だよね。

まぁ、正しい意見でも「伝えかた」はあるような気がしますが…。

ほとんどの人が当たり前のように「はいはい」と受け入れるものに対して「NO!」と言えるおじさんって

こか

やるじゃん♪

町内会長へ報告しに行く

集金した募金を町内会長へ届けました。

「1軒は集金できませんでした」というと

あ~○○さんね。了解です。

名前は伏せて伝えたのに「○○さんね。はいはい」と、すぐに理解したようでした。

あっそうか…。

いつものことなんだ………。

って

こか

きぃ~てないよ~

引き継ぎのときに前もって教えておいてくれよーーー。

それだったら、私も回避できたのにーーー。

とは、思いませんでした(笑)。

「募金の集金」について考えることができたしね。

だけど「募金をしない○○さん」ってことで、みんなが承知しているなら、集金に行ってないのでは?

そう考えると、あの勢いで玄関から飛び出してきたのには納得できました(笑)。

むすこ

久々の演説だったのかもね

だけど、町内会長に報告したときの違和感。

「○○さんには困ってる」かのような言いかた。

ちがうよね?

こか

おじさんは、とっても真っ当なこと言ってるよね

赤い羽根共同募金には問題があるけど

おじさんのおかげで、当たり前のように支払っていた「赤い羽根共同募金」について考えることができました。

私の住む地域では、おじさんは異例中の異例の人。

ほとんどの人が集金に行っても「はいは~い」と当たり前のように払ってくれるので、集金の辛さはありません。

反面、募金に対して疑問をもっていても言い出しにくい環境です。

今回「募金の問題」について学ぶことはできましたが、次回から

こか

払いません

と断ることはできません(まさにこれ▽)

しかし赤い羽根共同募金は、募金団体が自ら呼びかける募金ではなく町内会の徴収業務にすり替えられています強制ではない、と言いながら町内会に集めさせることで「町内会の当番として徴収に回らないといけない」「断りにくい町内会の集金で、割り当てられた要求額を差し出さないといけない」状況に追い込むわけです。

「寄付」なのに断れない 自治会の集金、住民の悩みの種/地域街作りより引用

(ここまで触れてきませんでしたが「緑の募金」も同じような問題アリです)

「これだからイケナイんだ」と思いますが「550円」ですむなら…。と支払ってしまうでしょう。

おじさんのような勇気は持てません。

すごいよ!! おじさん!!

今回の件で思ったこと

今回おじさんの演説のおかげで、いろいろと考えることができました。

いろいろ調べてみると「募金の集金に行くのが辛い」という声もありました。

役割のひとつとして「募金の集金」を恐る恐るイヤイヤやってる人もいます。

そしてその人は、別のときには「募金を集金される人」

(っつーか集金しながら、募金を払っている人)

そんな人に怒りをぶちまけてもしょうがないと思いませんか?

(いやな態度をとることも同様)

いらない補足

散々「おじさん」と言ってきましたが、私ももう、すでに肝のすわった「おばさん」です。

むすこ

40代、よほど動じませんよ。
うちの母ちゃん。

むすめ

ママだから平気だっただけ

「おじさん」は、私の親世代。

「募金を払う気がない」という意思は、怒ることなく冷静に伝えるべきだと思います。

そして「怒り」をぶつけるなら、もっと上の組織へ。

逆に「募金の集金をする立場」になったとき。

私もこれから心がけようと思いますが

こか

募金どうしますか?

と、相手が選択できるようにするといいですね。

(いやな顔されることも減るかも?!)

そして「払わないのも自由」ということも忘れずにいたいです。

2021年10月追記
赤い羽根共同募金について
▲ 集会(×)→集金(○)

今年度も「募金の季節」がやってきました。

今年度の組長さんが集金の際に「募金は自由なんでね。どうする?」と聞いてくれたんです!!

この家に入居して約10年。

今まで1度も聞かれたことがなかったのに。

こか

そういう人もいるんだ♪

今度私が組長になったら「募金どうしますか?」と絶対に聞こう!! と勇気をもらえました。

ちなみにお支払いしましたが…。

おじさん家が「組長」のとき

「おじさんのおかげで募金のことを考えることができたよ」

「ありがとう」

と、素直に終わることができない私(笑)。

こか

そういえば…おじさんが組長のときって…募金の集金に…

いや来てもらっていいんです(笑)。

ちょっと遊びたくなりました。

あっ、それからこの「おじさん」

「いい人」なのであしからず。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる