高校生のお弁当箱は保温タイプ:ご飯を冷まさなくていいのは最高

 

こんにちは、こか(プロフィールはこちら)です。

息子が高校生になり、お弁当生活がはじまりました。

息子のお弁当箱は「保温タイプ」です。

保温タイプのお弁当箱は「ご飯を冷ます時間が不要」

これがものすごく便利なんです。

追記

「めんどくさい」と思っていた「お弁当作り」

「曲げわっぱ」のお弁当箱を使い始めたら、楽しくてしょうがなくなりました。

「ご飯を冷ます時間」を余裕でもてるほど、楽しいから早起きしています。

なので現在「保温タイプのお弁当箱」は使っていません。

もくじ

ご飯だけでも温かいものを by母の愛(笑)

もちろん「保温タイプ」を使う1番の理由は

こか

ご飯だけでも温かいものを食べさせてあげたい。

これしかないでしょ♪

むすこ

おっ、久々に優しいお言葉

と、言いたいところですが、これは2番目の理由(笑)。

むすこ

…………。

「ご飯だけでも温かいものを食べさせたい」は本当ですが

もっともっと深い愛が母にはあるのです。

ご飯・おかずを冷まさないと危険

ご飯やおかずが冷めないうちにフタをしてしまうと、フタに水滴がついて垂れてしまいます。

それが原因で起こる問題は2つです。

べちゃ~っとなって「マズくなる」のが1つ。

そしてもっと怖いのが、コレ↓↓です。

おかずやご飯の熱+蒸気=腐敗菌が活発になる

腐敗菌が活発 → 食中毒になる可能性UP

かわいい息子を食中毒になんてさせたくありません…。

むすこ

かっ、母さん……。

いや、本当に「食中毒」は怖いです。

かわいい子どもが食中毒になってしまったらショックです。

だから、お弁当のご飯やおかずは「絶対に冷ましてから」入れないといけません!!

早起きして冷ませばいいんじゃないの?

こか

…………。

「母の愛」では補いきれない「現実」がそこにはあるんです。

保温タイプのお弁当箱はご飯を冷ます手間がいらない

ご飯やおかずを冷ますことが大事なのは、分かりました。

だけど「うっかりしちゃうとき」ってありませんか?

こか

ご飯炊き忘れたーー

と、ダッシュで炊く(冷ますヒマはない)。

こか

ご飯詰め忘れてたーー

と、慌てて詰める(冷ますヒマはない)。

小学校や中学校の頃なら、お弁当もたま~のこと(です。うちは)。

気合いが違うってもんです(笑)。

お弁当も毎日のこととなると「うっかり率」が、グーーンとあがります。

こか

日々気を張るなんて、やってらんねぇ。

そんなときに、ご飯を冷まさなくていい「保温タイプのお弁当箱」がとっても、ありがたい存在なのです。

ちなみに猛烈に寝坊したら、いさぎよくお弁当はあきらめます(笑)。

おすすめは縦にも横にもできるお弁当箱

保温タイプのお弁当箱でオススメなのは「縦置き」「横置き」どちらでもOKなもの

荷物の量によって、入れかたを変えることができて便利です。

荷物がスカスカなときは「横置き」で安定させて。

保温タイプのお弁当箱
△ 横置き

教科書などでパンパンなときは「縦置き」で隙間に入れてます。

保温タイプのお弁当箱縦置き
△ 縦置き

もちろんお弁当袋の持ち手も「たて」「よこ」に対応しています。

お弁当袋

まとめ:高校生のお弁当箱は「保温タイプ」

高校生のお弁当箱

高校生のお弁当箱は「保温タイプ」がオススメです!!

メリットは2つ。

  1. ご飯を冷まさなくていい(母側)
  2. 温かいご飯が食べれる(子ども側)

親にも子にもいいことづくしですよ♪

保温弁当箱を探す

よかったら参考にしてください。

お役に立てたらうれしいです。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる