子どもが前向きになる「あなたは運がいい」と声かけする子育て

わたしは「運がいい」
 

こんにちは、こか(プロフィールはこちら)です。

子どもに「運がいいねぇ~」「ラッキーだねぇ~」と声かけする子育てをオススメします。

わが家で実践したら、子どもが前向きになっていきましたよ♪

声かけだけだからタダ!!(笑)

ぜひお試しください♪

もくじ

いつでも・どんなときでも「運がいいね!」と声をかけてみた

私はこのブログ記事を読んで、子どもに「運がいいねぇ~」と声掛けをするようになりました。

一見「不運」いや「相当不運」な状況(交通事故)の中でも、ラッキーを探せる管理人のヨスさんのように、子どもにもなってほしい!! と思ったからです。

こか

交通事故にはあってほしくないよ

「不運だ不運だ」って思って過ごすより、「ラッキー♪運がいい」と思えたほうが「幸せ指数」も高いはず。

そして先ほど紹介したブログ記事の中のこんな一文。

小さいころから父に「ヨスを連れて競艇にいくとよく勝つ」とか「ヨスはよくアイスを当てるな。運がいいやっちゃ」と言われて育ったことも要因だと思います。

ヨスさんのブログ「ヨッセンス」より引用しました

子どもが自分のことを「運がいい」と思えるためには「周囲からの声かけ」が大切なようです。

これは早速やってみる価値アリ!

それから何かにつけて「運がいいねぇ~」「ラッキーだねぇ」と声をかけるようになりました。

こか

「いいとき」「悪いとき」問わずね!!

子どもが「私って運がいいから」と言いだした

「運がいいね♪」「ラッキーだったね♪」の声かけをしているうちに

むすめ

わたしって運がいいから♪

と、娘が言うことが増えてきました。

いいことがあれば「運がいいから♪」と言うのはもちろんです。

だけど、おでこをぶつけたときに

むすめ

わだじっでーー「運がいいがらぁーーー」目をぶづげながっだんだよねぇーー。
おでごだげで、ずんだんだよねぇーー。

と泣きながら言ってきたときには「ほんとだぁ!! ○○は運がいいから目をぶつけなかったんだよ」と答えつつ、笑いがこみあげてきました。

ギリこらえましたが……多分(笑)

むすこ

(この親の子に産まれたのは、果たして「運がいい」のだろうか)

「運がいい」と思えたときのほうが立ち直りが早い

気づいたことが1つあります。

それは「立ち直りが早くなったこと」

例えば先ほどのように「痛い思いをしたとき」です。

「痛かったねぇ~」ともちろん共感します。

でもそのあとに「○○だったのは、運がよかったねぇ~」などの言葉をプラスすると、いつもより立ち直りが早いんです!

まぁ私の体感なんですけどね。

余談ですが、痛い思いをしている子どもに「痛くない!!」の声かけはやめようねぇ(最近見かけたと)。

むすこ

痛ぇーもんは、痛ぇーだろ

うちの子マジで運がいいんじゃね?

100円の当たりくじ

いやよく考えたら、うちの娘さん。

「マジで運がいいんじゃね?」と思うことがあります。

だって

  • くじ引きでお菓子の1等引いたし
  • くじ引きでオモチャの1等引いたし
  • 駄菓子屋で「100円」当てたし
むすこ

運のストックしょうもな(もっとあるだろ)

まぁ「運の内容」は置いといて、子どもに「運がいいね♪」と言い続けているうちに、親の私のほうも「子どもの運のいいとこ」を探すようになっていることに気づきました。

私のほうも、どんなときでも「ポジティブ」に接することができていたんですよねぇ。

こか

いい感じにポジティブがまわってる♪

まとめ:「運がいいねぇ~」の声かけはいいことづくし

わたしは「運がいい」

「運がいいねぇ」「ラッキーだねぇ」という子どもへの声かけは、いいことづくしでした。

子どものみならず、親である私にとってもです。

ものごとを「運が悪かったねぇ~」とネガティブに解釈するより、はるかに「明るい」です。

いい循環がおきますよ♪

むすめ

自信もついてきたんだよ♪

ちなみに私はブログを書き出してから、さらに物事をいい方向に捉えるようになりました。

最近、右腕が痛くて病院に行ったのですが、待合室で

こか

おっ!ブログのネタになるのでは?

とニヤけていたのは、私ぐらいだったのではないでしょうか?

むすこ

べつの病気じゃね

まぁ何はともあれ「運がいい」の声かけは、いいことづくしなので試してみてくださいね。

お役に立てたらうれしいです。

おしまい。

わたしは「運がいい」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる