「HSP うざい」にヒョエーーーーッとなってそれからあれこれ考えてみた

HSPに関する本の感想を書いているときに「HSP」を検索する機会がありました。

検索窓に「HSP」を入力し、スペースを入れたところ

HSP うざい

検索候補に「HSP うざい」というお言葉が……涙

こか

ショック…。

まぁ、ショックを受けててもしょうがない。

むすこ

変わり身早っ!!

気持ちを切り替えて、いろいろな記事を読んでみました。

記事の中には、なるほど納得!! の「うざい理由」がありました。

そして思うところもありました。

もくじ

「HSPだから○○」はそりゃ「うざい」

(※ おもに他人との場合の話です)

「私(僕)は、HSPだから○○なんだよねぇ~」

「私(僕)は、HSPだからあのとき傷ついた」(と突然の報告)

「私(僕)は、HSPだから○○しちゃったのもしょうがないよねぇ~」(よくない行いに対しての言い訳)

「HSPをうざい」と思うかたは、たいがい「HSPだから○○」という「攻撃」や「言いわけ」にうんざりしているようです。

これに関してはたしかに

「うざい」

の納得です。

そんなこと言われても

こか

知らんがな

ですよね。

こか

はっ?だから?

と思われてもしょうがないです。

そもそも私が読んだ本には

  • 自分を知り、自分なりの対策を考える
  • たくさんの考えかたや思考を知る

ことで「前向きにラクに生きよう」というようなことしか書かれていなかったはず。

「HSPだから○○」と言って、他人に理解や変化を求めるのは横柄すぎます。

自分のことをとても大切に思ってくれている「家族」などは別(でいいよね)。

限界はあるかもしれませんが、理解する努力をしてくれるはず。

「HSPだから○○」はそりゃ「うざい」 うざいけども

「HSPだから○○の押しつけ」はそりゃ「うざい」 です。

だけど、だけども「相手が苦手としていることは汲んであげてもいいんじゃない?」という気持ちもあります。

子どもが苦手な食べ物を、ムリヤリ食べさせるようなことはしたくない。

それと同じように、苦手を教えてもらったら、できるだけ回避させてあげたいと思うんです。

多分 「HSPだから○○」という「攻撃」や「言いわけ」 をいきなり食らったから、汲みたくもなくなったんでしょうけどね。

やっぱりコレ

「HSPだから○○」という「攻撃」や「言いわけ」

は罪深いってことか…。

#HSPの人とつながりたい #HSPあるある

私も初めて知ったのですが、ツイッターなどで「#HSPの人とつながりたい」や「#HSPあるある」のハッシュタグをつけて、HSP仲間(?)の交流があるようです。

これを「ウザい」というのは

こか

ほっといてやれば?

と思うのです。

いいじゃん。

そうやって交流して「私だけじゃないんだ」「同じ感覚の人がいるんだ」って安心できる人だっているんだから。

それが気に食わないなら、見なきゃいいだけのこと。

なので、これに関しては言うことがありません。

「自称 HSP」という言葉

「自称 HSP」という言葉があります。

おそらく

「HSPだから○○」という「攻撃」や「言いわけ」

ができるような人は「本当にHSPなのか?」=「自称 HSP」なんじゃねぇ~の?ってことなんだと思います。

だけど、そもそも「HSPは病気じゃない」し、診断がつくものじゃありません。

診断がつかないんだから、みんな「自称といえば自称」

だから「自称 HSP」なんて言葉を目にしたら

私のこと??

と気にしてしまう人もいそうです。

こか

気になったのよぉ。

言いたいことはわかるのですが、「自称 HSP」はあまり好きな言葉ではありません。

結局「くくり」が大きすぎて、多くの人を傷つけるからです。

HSPだからウザいのではなく「HSPを振りかざす人がいた」だけ

HSP ウザい

いろんな記事を読んでみてわかったのは「HSPの人がウザい」のではなくて「HSPを武器にして振りかざすウザい人がいた」だけってこと。

だからもし批判するなら「自称HSP」なんて言葉は使わず、例えば

  • こういう人がいた
  • その人はやたらと「HSP」を振りかざしてきた
  • この人は・・・・ウザかった

のように、表現してくれると傷つく人は減るのではないかと思うのですが。

そんな風に思った今日このごろでした。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる