【セリア・100均】ボディーソープなどの詰め替えに広口ポンプボトルがおすすめ! 袋ごと詰め替えOK

 

こんにちは、こか(プロフィールはこちら)です。

シャンプー・リンス・ボディーソープ…詰め替えってめんどうですね。

けっこう「嫌いな家事上位」に入りませんか?

(しかも、名もなき家事のたぐい…汗)

ですが!! セリアの「広口ポンプボトル」を使うことにしたら、一気にラクになりました。

私は袋(パウチ)ごと詰め替えしていますが、「注ぐ派」にもおすすめです。

よかったら参考にしてみてください。

もくじ

セリアの広口ポンプボトルとラベルシールを使う

ポンプボトルは「セリアの広口ポンプボトル」を使います。

セリアの広口ポンプボトル

フタを開けるとこんな感じ。

商品名のまんま「広口」です。

ラベルシールも「セリアの詰替容器用ラベルシール」を使います。

セリアの保存容器用ラベルシール

おまけ

今回詰め替えするもの

1つ目は「ダブ」です。

ダブ

「詰め替えパウチといえばコレ」という定番の形

容量は「360g」です。

2つ目は「メリット」

メリットのコンディショナー

こちらは定番のパウチのものと形がちょっと違います。

メリット

コンパクトで、細口のボトルにラクラクに詰め替えできる形になっています。

容量は「340ml」

気になる?

パウチをハサミで切ってボトルに詰め替え

広口ポンプボトルに詰め替えしていきます。

もちろん「詰め替えの袋(パウチ)」ごとです。

セリアの広口ポンプボトルの説明にも「市販の詰め替えパウチがそのまま入れられます」と書いていますよ~。

まずは、一般的な形の「ダヴ」のパウチから。

おそるおそる上のほうだけカットしました。

ポンプボトルの中にセットしてみると、こんな感じ。

こか

ビビリすぎました(笑)
まだまだ飛び出てる…汗

余分な部分をカットしました。

あとは、フタをすればセット完了です。

次は、コンパクトタイプの「メリット」を詰め替えてみます。

パウチを切っていくのですが、コンパクトだから切りにくい。

切りにくい理由

  • コンディショナーがパウチいっぱい詰まってる
  • 注ぎ口がついてる

細口のボトルに注ぐときには「メリット」だったところが「デメリット」に…。

こか

「メリット」のメリット…ややこしい。

というわけで、カットできたのはコレだけ↓↓。

ポンプボトルにセットするとこんな感じです。

少しボトルの外に飛び出していますが、これで良し(テキトー)。

パウチのまま詰め替えするなら「コンパクトタイプ」は、少し面倒です。

こか

次は別のに買い換えようかな…

コンディショナーもフタをして、セット完了です。

「ラベルシール」を貼ることもお忘れなく!!

詰め替えの前でもあとでも大丈夫です。

これで詰め替え完了。

パウチごと詰め替えしなくても「広口タイプ」はおすすめ

今回私は、パウチごとの詰め替えが目的て「広口のポンプボトル」を使いました。

だけど、普通に注いで詰め替えするときでも「広口のポンプボトル」がおすすめ!!

細~いところに注ごうとするからストレスだったんだなぁ。

これだけ大きく開いているところに、ドバドバ詰め替えできるのはいいです!!

こか

絶対にラク!!

おまけ:ポンプボトルは吊るして収納

ポンプボトルは吊るして収納しています。

ボトルの底のぬめりなどを防止することができますよ。

使うのはこちら↓↓

これは「ダイソー」のものですが、「セリア」にも同じようなものが売っています。

使いかたは簡単。

ノズル部分を外して、吊るすためのフック(?)をセット。

ノズルをもとに戻せば、完了です。

こか

よかったら試してみてください。

オススメ!! セリアの広口ポンプボトル

セリアの「広口ポンプボトル」を紹介しました。

パウチ(袋)ごとの詰め替えもできるし、注いで詰め替えるにもラクラク!!

細い口に一生懸命注いで詰め替えしていたのは、一体なんだったんだろう…。

そう思えるくらい快適になりましたよ。

よかったら参考にしてください。

お役に立てたらうれしいです。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる