お弁当づくりが「嫌い」「めんどくさい」「苦手」を変えたきっかけは「好きなお弁当箱」

 

こんにちは、こか です。

毎日のお弁当作りって、メンドーですよね。

私も、そうでした。

だけど今は、お弁当作りが楽しくてしょうがないんです。

そのきっかけは「好きなお弁当箱」を使うことでした。

この記事では「嫌い」「めんどくさい」「苦手」なお弁当作りが

  • 楽しくなるためにやったこと
  • 楽しくなったらおきた「いいこと」

を紹介しています。

「お弁当が楽しくなるきっかけ」を見つけてもらえたら、うれしいです。

もくじ

はじめに:私は「料理」があまり好きじゃない

私は「お弁当作り」というよりも「料理」そのものが、あまり好きではありません。

ひと通り作るんですよ。

昔ながらの「ひじき煮」「肉じゃが」「切り干し大根煮」なんかも作ります。

こか

上手かどうかは別ですが(笑)

だけどそんなに好きになれない。

だから「お弁当作り」もまったく楽しくなかったんです。

タッパーのお弁当
▲ 旧お弁当
こか

ねっ!! 楽しく作ってないのが伝わるでしょ?

お弁当のおかずと言えば、基本的に

  • 唐揚げ
  • 卵焼き
  • ウインナー

程度しか思いつかないありさま。

こんな私だったのですが、今は「お弁当作り」が楽しくてしょうがないんです。

お弁当作りがだんだん楽しくなった理由

「お弁当作り」がどんどん楽しくなっていった理由を、ステップごとに紹介します。

step1:好きなお弁当箱を使う

ある日、懸賞で「曲げわっぱ」が当たりました。

茶色の曲げわっぱ
▲ ちょっと旧お弁当

写真のお弁当箱が「懸賞で当たった曲げわっぱ」です。

息子が「このお弁当箱使ってみたい」と言ってくれた日から、私のお弁当作りへのテンションは上がりました。

(とは言っても、中身はたいして変わらず)

作るおかずは、相変わらずなのですが、とにかく少しでも「見栄え」をよくしたくなりました。

こか

なんだか楽しいぞ♪

そう、私は「料理は嫌い」だけど「見栄えをよくする」のは楽しかったんです。

この「懸賞曲げわっぱ」をきっかけに、お弁当箱熱は急上昇。

こか

(もともと「曲げわっぱ」は大好きで憧れてました)

現在では「懸賞曲げわっぱ」のほかに「3つ」のお弁当箱を使っています。

\ 使っている・ほしいお弁当箱 /

毎日、いろんな「お弁当箱」を使って、お弁当作りを楽しんでいます。

アルミのお弁当箱
▲ 最近ゲットしました♪

step1 まとめ

  • 形から入る
  • 好きなお弁当箱を見つける

step2:お弁当のレシピ本を参考にする

藤井弁当

「お弁当箱を変えた」ことで、少し楽しくなってきたお弁当作り。

もっと上達したくて「お弁当のレシピ本」を1冊買いました。

レシピを参考にするのは当然なのですが、私はまず「見栄え」や「詰めかた」をじっくり研究しました。

そうすると、こんなことに気づきました。

  • 赤とか黄色のカラフルなカップは使っていない
  • 仕切りを使っていない
  • おかずがご飯に乗っかるように詰めている

(カラフルなカップは、かわいいお弁当には似合う)

お弁当上手なら当然のことかも知れないけど、ついこの間まで「お弁当作り」が嫌いだった私には目からウロコ。

すぐに自分のお弁当に取り入れました。

曲げわっぱのお弁当
▲ 新お弁当

ずいぶん成長しました♪

こか

自己満足ですよぉ。

詰めかたを学んだことで、お弁当に対してのテンションはぐんぐんアップです。

この見栄えが素敵だから、この「おかず」を作ってみよう!!

という感じで、本に書かれているレシピをいろいろと作ってみました。

むすこ

逆じゃね…

そしたら、いい発見がありました。

それは、お弁当のおかずって案外簡単だということ。

例えば、野菜のおかずの場合

野菜を塩ゆでして、マヨネーズとすりごまで和えるだけ。

野菜を塩ゆでして、ごま油と炒りごまで和えるだけ。

こんなに簡単なのに、立派な1品になるのって驚きました。

むすこ

おら「アスパラの塩ゆで」が好きだ

なんだよぉ、お弁当って……

お弁当は楽しい
▲ 新お弁当

そして、その「簡単なおかず」こそ、家族に好評だからズッコケます(笑)

「な~んだ、お弁当ってこんな感じでいいんだ」

肩の力が抜けて、ますますお弁当が楽しくなりました。

step2 まとめ

  • レシピ本を買って「見栄え」を研究
  • 作ってみたら案外簡単なことに気づいた

step3:インスタグラムに投稿してみる

インスタグラムに「作ったお弁当」を投稿するのが、お弁当作りの楽しさをアップさせてくれます。

これはインスタに投稿した写真です ▼▼

私のお弁当インスタ:koka_obento

「いいね」をもらえるのは単純にうれしいので、モチベーションがあがります。

それに「お弁当を見栄えよく詰めたい」という気持ちが、もう1つあがります。

こか

ますます楽しくなるんです♪

インスタを始めて、まだ 1週間ほどなのですが(2021年9月現在)毎日のお弁当作りの「はげみ」になっています。

そして「インスタに投稿されている皆さんのお弁当」が、すごく参考になる!!

「マネしたい」「こんな詰めかたもあるんだ」と思ったらメモをしています。

むすこ

「うまそ」「素敵~」とブツブツ言ってるの怖っ

「インスタは、ちょっと面倒」なら、写真を撮るだけでも記録になって楽しいです。

余談ですが、私は「マイノート」というものを書いていて、そこに毎日写真も貼っています。

まぁ、インスタ投稿より面倒くさいですね。

余談です…余談(笑)

step3 まとめ

  • インスタ投稿で楽しくなる
  • インスタで素敵なお弁当を参考にする
  • 写真を撮るだけでも楽しい♪

お弁当が楽しくなったら「いいこと」があった

私は

  • 好きなお弁当箱を使う
  • お弁当のレシピ本を参考にする
  • インスタグラムに投稿してみる

ことで、お弁当作りが楽しくなりました。

そしたら、さらにプラスの「いいこと」があったんです。

苦手なお弁当箱にもチャレンジする気になった

私は相方にもお弁当を作っています。

相方のお弁当箱は、10年以上コレ▼▼

Seagullのお弁当箱

この「Seagullシーガルのお弁当箱」は、かわいくて好きなんですけど、なかなか上手に詰めることができませんでした。

シーガルのお弁当箱

だから「3つのカラーカップ」を放り込んで、テキトーにおかずを3つ詰めるだけ(笑)

(残念ながら写真がない…)

そんな「苦手だったお弁当箱」にも、チャレンジする気になったのです。

まだまだ苦戦していますけどね。

相方のお弁当
▲ まだまだ途上中ですが

どれだけ変化があったかを一言でわかりやすく言うと

相方が「イシイのミートボール」を買ってこなくなった(笑)

むすこ

安定の味だと

それだけ「やる気のないお弁当」だったんです…。

それが今では「○○また作ってよぉ~」なんて、お弁当のおかずを「再リクエスト」されるようになりました。

これでまた、こちらのやる気も上がって、いい流れができています。

新たなレシピで「娘の好き」を知れた

お弁当が楽しくなって、新しいレシピにチャレンジしていると思わぬことが。

つまみ食いした娘が

むすめ

これ美味しい♪

と言ったんです。

娘はただいま「偏食」真っ只中。

「なにを作ればいいんだよ?!」と試行錯誤中です。

なので、たまにある「娘のお弁当の日」の中身は、いつもコレ。

  • ハンバーグ
  • 赤ウインナー
  • ナポリタン
  • 卵焼き
  • (ときどき唐揚げ)

そこに「レシピが1つ追加された!!」

これだけでも、大きな進歩でした♪

むすめ

気に入ったのは「ポークチャップ」だよ

料理に前向きな気持ちが:新たな夕食メニューが増えそう

こちらの写真は今朝(2021年9月16日)のお弁当です。

アルミのお弁当

ブロッコリーのとなりにある「ハンバーグのようなもの」

「つくね」です。

ここだけの話。私は人生の中で

1度も「つくね」を作ったことがありませんでした!!

こか

「つくね」なんて料理上手の作るものさ…

と思っていたんですよね(笑)

だけど、インスタで「つくね入りのお弁当」をみかけて、作ってみたくなりました。

「料理に前向きな自分」に驚きです。

クックパッド(レシピサイト)で調べて、作りました。

そしたら

「つくね」って簡単に作れるではありませんか!!

むすこ

人生ウン十年……

それに「夕食のメニュー」にもできる♪

小さなお弁当箱からスタートして、いつかは夕飯作りも楽しめるようになりそうです(多分…笑)

(ここだけの話、ファーストつくねは少し固かったんですけどね)

まとめ:苦手なお弁当作りが楽しくなった方法

お弁当作りを好きになる

私が「お弁当作り」を楽しくできるようになったのは、次の3つがおもなきっかけでした。

  • 好きなお弁当箱を使う
  • お弁当のレシピ本を参考にする
  • インスタに投稿してみる

とくに重要なきっかけは「好きなお弁当箱」を使うこと。

「料理」よりも「道具(見た目)」だったんです。

嫌いで面倒で楽しくなかった「お弁当作り」が、お弁当箱を変えただけで、こんなにも好きになるのは意外でした。

嫌いなことを「違う視点」から見る

のが「好きになるきっかけ」を与えてくれました。

ぜひ、お弁当作りの「好きになれそうなポイント」を探ってみてください。

自分と子どもにとって「映えるお弁当箱を使う」のは、超オススメです。

毎日のお弁当作り、せっかくなら楽しいほうがいいですもんね♪

むすこ

おかんが言うな(笑)

私の体験がお役に立てたらうれしいです。

おまけ:やる気のない日・それはそれでいい

今のところ「お弁当作り楽しいぜ」で絶好調な私です。

だけど「やる気のない日」もいつかくる「それはそれでよし」と思っています。

500円のお弁当

お金を渡して「購買部弁当」

買ってきたパンの「パン弁当」

こか

もちろん「冷凍食品」だって使いますよぉ♪

無理をしないで「楽しいお弁当作り」を続けたいと思います。

おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる