我が家のRaspberryPi3 Model Bがしゃべるまで

2016年11月20日

タイトル通り。

復活のPiにMeiちゃんという命を吹き込むことにしたので、その手順。
OpenJtalkを利用しています。

まずはPiにSSHでつないで必要なものをインストール。

sudo apt-get install open-jtalk open-jtalk-mecab-naist-jdic hts-voice-nitech-jp-atr503-m001 libhtsengine1

んで、OpenJTalk用のディレクトリを切る。

mkdir jtalk
cd jtalk/

ここにスクリプトを作成。

vi jtalk.sh
#!/bin/bash
HV=/usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice

tempfile=`tempfile`
option="-m $HV \
  -s 16000 \
  -p 100 \
  -a 0.03 \
  -u 0.0 \
  -jm 1.0 \
  -jf 1.0 \
  -x /var/lib/mecab/dic/open-jtalk/naist-jdic \
  -ow $tempfile"

if [ -z "$1" ] ; then
  open_jtalk $option
else 
  if [ -f "$1" ] ; then
    open_jtalk $option $1
  else 
    echo "$1" | open_jtalk $option
  fi
fi

aplay -q $tempfile
rm $tempfile

実行権限をつける。

chmod 755 jtalk.sh

ちなみに音量は、alsamixerで変更できる。
カーソルの上が音量を上げ、下で音量を下げることができる。

んで、以下で実行。

./jtalk.sh "台風が九州に直撃するみたいですよ。"

ここまでは標準の音声なので、meiちゃんを入れてあげる。

wget http://downloads.sourceforge.net/project/mmdagent/MMDAgent_Example/MMDAgent_Example-1.6/MMDAgent_Example-1.6.zip
unzip -q MMDAgent_Example-1.6.zip

この中に次のファイルがあるので確認すること。

MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_angry.htsvoice  (怒り)
MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_bashful.htsvoice (?)
MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_happy.htsvoice  (幸せ)
MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_normal.htsvoice (通常)
MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_sad.htsvoice  (悲しい)

jtalk.sh内の

HV=/usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice

の部分を、

HV=/home/pi/jtalk/MMDAgent_Example-1.6/Voice/mei/mei_happy.htsvoice

に変えて実行してあげるとOK。

なぜか「九州」って単語だけ異常に変な発音になるmeiちゃんかわいい。

DEV, IoT, RaspberryPi

Posted by massyuu