RaspberryPi3 Model B 初期設定でこける話

2016年11月20日

タイトル通り。
先日購入して放置していたRaspberryPi3 Model Bの設定にようやく着手できた。
接続等の情報はもはや出尽くしている感があるのでざっくりとになるが・・

1.ディスプレイと本体の接続
うちのディスプレイは一昔前のLGのディスプレイで、DVI-singleでの接続じゃないと表示されないため、HDMIーDVIの変換アダプタを別途購入。

2.マウス・キーボードの接続
もちろんUSBで。

3.OSイメージ入りSDカードを用意
OSはRaspbianを選択。
SDカードフォーマットツール(割となんでも良い)を使用してOSイメージを焼き付ける。

4.電源ON!!
すると虹色の画面が表示されます。

・・・虹色の画面が表示されます。

・・虹色の画面が表示され続けます。

・・虹色の画面が表示され続けます。

という具合で、初期設定以前の問題で足止めを食らっている状況です。
いろいろと調べてみると、iPad用電源アダプタ(2.1A)では電力量が足りない(3ModelBから2.5Aを推奨)のかと思ったんだけど、結構2A前後で普通に起動している例も多くあり、会社の先輩に聞いても問題ないとの話だったこともあり、そこは特に問題ないのでは?と思っている。

また、下記ブログとほぼ同様の状態のため、SDカードを取り替えてやってみたけど状況は変わらず・・

Raspberry Piが壊れてしまったのかな?という時の検証ポイントまとめ | Very Berry Pi

えー、楽しみにしてたのに全然だめじゃん・・と思っていると、初期不良の線が出てきた。
Raspberry PI の起動が上手くいかず問い合わせたところ初期不良交換となった

というわけで、amazon経由での購入のため、amazonさんに問い合わせ。
まだ返答はないが、結果も別途まとめていく予定です。

–2016/08/29追記–

Amazon経由で販売元からメールがあった。
やはり他の人も多く問い合わせをしているみたいで、似たような症例と解決策を提示してくれた。

結論としては、OSイメージが壊れていたらしい・・ちゃんとダウンロードできてなかったのかな?

とりあえず、返品とか交換とか面倒なことをせずに済んだ!

DEV, IoT, RaspberryPi

Posted by massyuu